怎白覆減科_昇科利怎白#~

夕頭

仝よつかいどう才筑ばたけ々g(5)

2021/09/30

 

 

 2021定9埖27晩(埖)、よつかいどう才筑ばたけさんのr@にて、5指朕のgを佩いました。
2ヵ埖ぶりとなり、寄きく撹Lしている筑の徊に@きました。
歪から_雑している雑?がgになって、ところどころ、すでにコットンボ`ルができて、はじけているものもありました。
r@では、荻巒、画筑┐海裡欧弔郎傭泯、v筑┐海舛蕕湾鹵泯の3Nを墺凍していますが、才筑は弌ぶりで、記い仔弼の雑が和鬚にDくので、gも和鬚紗pにつきます。
匯圭、剴筑は乢ぶりががっしりしていて、發ぅ團鵐、記いピンク、易など、?な弼の雑が貧鬚にDき、gも貧鬚紗pにつきます。
それぞれの蒙罿砲弔い萄傭泙个燭瓜瘟Lの弥嶄さんにごh苧いただきながら、筑をて指りました。

 そして、いよいよХ。僥伏たちは、荻巒、画筑の嶄ではじけているものをきこみ、コットンボ`ルをそっとつまんで、するすると竃てきた筑を寄並そうに返にとっていました。
書晩の粁AでХできそうなものを函りKえると、書業は、ハマキムシの曜嵶に函り譴りました。
ハマキムシは玖の嘛恰で、~を来めて嶄にLれて、~を奮べてしまいます。
~だけならまだしも、せっかくできた筑のgも奮べてしまうことがあります。
僥伏たちも、くるくるいた~をつけては、嶄を_き、ハマキムシがいないかを_Jしていました。

 書指は消しぶりのgとなりましたが、雑をQたり、コットンボ`ルをХしたりと、F嶷な悶Yをさせていただきました。

 

0927_1.jpg
筑の雑をQる

0927_2.jpg
荻巒のコットンボ`ル

0927_3.jpg
荻巒と画筑のХ┌隠

0927_4.jpg
荻巒と画筑のХ┌横

0927_5.jpg
画筑を返に函って

 

    念指までのgはこちら